プリウスα 値引き

プリウスα 値引き 相場

プリウスα,値引き,相場

   人気のプリウスαの購入額を最大限抑えるための進め方を、この1ページで順を追って隈無く記させて頂きます。私はトヨタディーラーに大学時代の仲の良い友人がいますのでディーラー事情の情報と私の経験をもとに記させて頂きますのできっとお役に立てて頂けると思っております。まずは写真のトヨペットの見積もりをご覧になられてください。

 

   写真@_ プリウスαの値引き額は初回訪問では値引き額−50,000円の入力が限界です。トヨペットの営業マンのパソコンは、この欄に例えば−60,000円と入力するとパソコンの見積もりソフトに「値引き幅が大き過ぎます!」という警告が表示され、先に進めなくなっております。それ以上は、上司の決済を仰ぐという時間が必要です。逆に言えば、営業マンレベルで50,000円の権限は持っていますので、初回訪問で値引き欄が50,000円以下を入力された場合はその時点で既に不利となっていると判断し、必ず交渉されたほうがよろしいかと思います。また、それ以上のプリウスαの値引きにおいては他メーカー同スペックの競合車種である例えばレヴォーグやエクシーガ(スバル)やオデッセイ(ホンダ)等と比較検討している事を匂わせ、帰り際に「実際、値引きはどのくらいまでいけそうですか?」と、ヒアリングされてみると「10万の大台は頑張れるかも知れません」的な言葉は貰えると思います。  

 

   この初回訪問時点において口頭で10万円という値引き額を引き出せますと、量産車種だけに最終的に20万円前後くらいの目標設定をされるとよろしいかと思います。ですが、このようなやりとりよりももっと大事な事が先にあります。

 

新車プリウスα 値引き

プリウスα,値引き,相場

   写真A_ 私の愛車は走行距離は12万キロですが大切に乗っていたのでヘコミは無し、傷はそれなりでしたが年式が理由で下取り価格の欄に全く値をつけてもらえませんでした。(写真の見積もりの下取車価格0円)この下取車価格が0円という査定が、購入価格に大きく響きます。

  
   プリウスαをいくらで購入できるかは、車全体(オプション含)から値引き額と下取車価格もしくは車買取価格を差し引いた額がいくらか?で決まるからです。そこで、まずは下取車価格車買取価格違いを明確に理解するとプリウスαの購入額を抑えるために大変役立ちます。今でも多くの方が、ディーラーの言いなりで下取車価格を掲示され、その額をベースに値引き交渉を進めてしまうため、下取り額と値引きを見積もりのバランス調整により大きな額をディーラーの利益にされている事をご存知で無いようです。

 

下取りとは

   ディーラーにて車を新しく買い換える際、そのディーラーに愛車を売り、新しい車の代金の一部に充てることを下取りといいます。昔から行われており今でも多くの方が利用されております。
メリット
   購入するディーラーにて新しい車の購入契約と下取り契約が同時に行われますので購入者の手間が省けます。また、新しい車の納車と同時に古い車を引き渡せますので、代車の必要がなくスムーズです。
デメリット
   トヨタに限らずディーラーには社内規定があり、まず7年落ち以上の車においては、その車の価値は全く関係なく査定対象にならず0円です。(例え、フェラーリのディーノであっても)また、ディーラーはあくまでも新車販売が本業ですので、中古車展示スペースなどの地代費用も用意がありませんし転売ルートも狭く、オークションや車買取店に即転売できるような車にしか大きな値はつけません。更に、聞き捨てならないのは、高く転売できると判断した車を下取車価格を安く掲示し、見積もり上で値引きとのバランス調整を行い利益確保をおこなうのが当たり前の戦術とされております。

 

車買取とは

   こちらは新しく車を購入する等の条件は全くなく単純に今の車の価値を優先に査定を行い買取り行ってくれます。昔は、必要なくなった車を手放す方や、所有の維持が出来なくなった方がよく利用されておりましたが、今では、ディーラーの下取り査定と比較し、大幅な高値をつけてくれるというケースが多く、新しい車の買い替え時においても当たり前のように利用されるようになってきました。
メリット
   車買取専門であるがゆえに、中古車販売スペースを持ち、更に多岐に渡る転売ルート(オークション、転売、海外輸出、鉄屑業者など)を持っていますので、需要があれば年式が古かろうが高値を付けてくれますし、スクラップ同然の車や事故者でさえ値をつけてくれたりします。当然、年式の新しい車であれば更に高値が付くのは当然かと思われます。
デメリット
   プリウスαはディーラーと契約、愛車の売却は車買取業者という手間が生じます。

 

ここが大切

   プリウスαの購入額において、値引きの額など比較できない程、差が付くのがこの下取り額or車買取額です。ここを制する者がプリウスαの購入額を最大限抑えると言っても過言ではないと思います。プリウスαの値引き交渉の前にまずはご自身の現在の愛車の価格の把握をされる事が重要です。

 

補足

   ちなみに、私の14年落ちの車はディーラーが規定外で下取り額0円でありましたが、車買取査定では22万円の値を付けてくれました。この時点で私はプリウスαの購入額が値引きとは別に22万円安く購入できることになります。ディーラーの規定内である、私のような年式の古くない7年落ち以内の愛車をお持ちの方は先に車買取業者で査定してもらい買取額を把握した後に、ディーラーで下取り見積もりを貰うと交渉も有利に進められると思います。まずディーラーの方が高値をつけてくれるというパターンはほぼないでしょう(実際に車買取一括査定を利用されると大きな差が理解できます)が、仮にディーラー側の方が高ければそのままディーラーと進めれば宜しいですし、逆であれば、「友人に譲ることにした」であるとか「親族に譲ることにした」と言い、プリウスαの値引き交渉のみに徹すれば良いだけであると思います。

 

どこの車買取業者が高く値を付けてくれるか?

   車買取業者によっては、査定依頼と同時に中古車の販売をしつこく営業されたという話も聞きます。また、1社のみに査定を依頼すると足元をみられてしまいます。だからといえ、何社も査定依頼をしてもらうとなると、その時間と労力は大変なものです。そこで、最近大変人気で便利なサービスが車買取一括サービスです。例えばディーラーで40万円の下取り掲示をされたボルボが車買取一括サービスで128万円の値をつけたなどザラにあるようですし、私もこのサービスを利用し、ディーラー規定外0円であった愛車に22万円の値を付けてもらいました。かんたんな入力を行うだけで、後は待っているだけで、大手の車買取業者何社もに相見積もりをしてくれるという大変価値のあるサービスであり、しかも無料で行ってくれます。車買取業者もこの一括サービスからの依頼に関しては、相見積もりになるのを最初から理解しているため、足元などみれず極限まで値を付けてくれる事となります。

 

 

 

高値をつけてくれる可能性大の

車買取一括査定ランキング

 

プリウスα,値引き,相場

かんたん車査定ガイドの特徴

  • 私の車のディーラー下取り 査定が22万円!!
  • 一度で最大10社の見積もり比較が可能。
  • 一部上場企業で安心です。
  • プリウスαの値引き交渉の前にまずは査定を済ませておくことをお勧め致します。

価格 無料円
評価 評価5
備考 名のとうりスムーズで大変親切でした。

プリウスα,値引き,相場

ズバット車買取比較の特徴

  • 東証マザーズ上場企業で安心です。
  • 一度で最大10社の見積もり比較が可能。
  • こちらも入力が1分で簡単。

価格 無料円
評価 評価4.5
備考 ズバットシリーズは、引っ越しでも非常に役にたちました。

プリウスα,値引き,相場

カーセンサー.net簡単ネット査定の特徴

  • 中古車情報誌カーセンサーの車買取一括査定。
  • その他情報も盛りだくさん。
  • 3分で終わるかんたん入力

価格 無料円
評価 評価4.5
備考 リクルートが運営している安心サイト。

 

 

何故、車買取一括査定を利用するとお得なのか?

   パソコンやスマホで情報を入力するだけで概算価格などを把握出来、ご自身は時間や労力を費やすことなく買取後の販路が圧倒的に多い強みを持ち合わせた専門会社を競合させてくれ、一番高値を付けてくれる業者へ導いてもらえます。
  
   ちなみにディーラーは新車販売がメインの為、オークションや買取業者にすぐに転売できるような需要のある車でないと下取り価格に高値などつけません(一度下取ると、売却できる期間までの維持費、運搬費や駐車スペース等の経費がかさむのと、売れない場合、廃棄にも経費がかかります)。また、ディーラーは下取り額とプリウスαの値引きの調整をもくろんできますので、下取り額で頑張りましたのでプリウスαの値引きはこれが限界ですというプリウスαの値引き限界セールストークには重々注意しましょう。

 

  

では、車買取業者に直接売れば良いのでは?

   それも一つの方法ですので否定はしませんが、複数の業者に査定見積もりを取らないと足元を見られますし複数の業者に足を運ぶのは大変な時間と労力をつかいます。

 

   その点、一括査定の場合は貴方が普段仕事をされている間にも自動で10社くらいの見積もりをとってくれるわけですし、車買取業者も一括査定会社から依頼があった時点で相見積もりであると把握しているので、足元を見られる事もなく、出来るだけ勝てるように高値を付けるよう競合で頑張ってくれるという流れです。

 

   実際に、私の愛車は14年落ち、12万km走行(タイミングベルトは交換済)、目立ったへこみは無いがキズはそれなりでしたが、一番上のトヨペットの見積もりどうり、下取りは出来ない(0円)でありましたが、一括査定では22万の値を付けて頂きました。プリウスαの値引き額とこの買取額を引いたものが購入額ということになります。

 

   ディーラーの下取り査定に「がっかり」し、しょうがないと思い込みプリウスαの値引き額のみで購入したと想像しただけで、ゾッとします。逆に、一括査定で金額を把握したうえでディーラーに査定してもらう方も最近では多いようです。

 

   ちなみにディーラー下取り査定額より50万円〜150万円も一括査定の方が高く出たなんてのは、日常茶飯事のようです。これほどの差が出ると、プリウスαの値引きを頑張れても精々20万円程度。プリウスαの車両本体の値引きを一生懸命頑張るのが馬鹿らしくなってきます。

 

プリウスα 値引き レポート

 

そして値引き交渉

プリウスαの値引きした車

   一括査定会社で買取価格を把握出来れば、次は車両価格の値引きを最大限引き出す事がプリウスαの購入額を決める2番目且つ最後の交渉です。初回訪問では、一番上のトヨタの見積もり写真どうり、プリウスα値引き額の欄に−50,000円と記されると思います。初回訪問においては当然、心の中でのプリウスα大本命を押し殺し競合車を想定してから訪問が鉄則です。

 

   プリウスαの競合車としては、上の方にも記しましたがレヴォーグやエクシーガ(スバル)やオデッセイ(ホンダ)等で検討している旨を伝えるのが宜しいかと思います。もちろん、本命のプリウスαを気に入った感も伝えカタログや見積もり及びキャンペーン情報を仕入れ、お店をあとにします。

 

   そして待つのは、トヨタ特有の電話営業です。私の中ではどのメーカーよりもトヨタの電話営業が一番多いと思ってます。この電話営業は我々にとっても非常に都合が良く、プリウスαの値引き過程で上手く利用することをおススメ致します。正直なところ、電話営業の際には相手の顔も見えませんし、プリウスαの値引きの件で結構強気な発言も出来るものです。じらしてじらして、2〜3度程度の電話の会話である程度は口約束ではありますが、プリウスαの値引きは引き出せます。

 

  また、値引き値引きとの話ばかりしていると、営業マンも見抜きますので、プリウスα車自体の気になる点も色々聞いたりし、購買意欲はあるが他メーカーとの兼ね合いもあり値段次第です的な感覚を植え付けるようされると宜しいかと思います。

 

   時期の狙い目としましては、営業マンが本気で数字が欲しい時期に最終訪問するのがベストかと思います。本気で売上が欲しければ当然プリウスαなどの納車の早い量産車ほど値引きをしてでも捌きたいはずです。まずは決算月にプリウスαの納車が可能(トヨタ側が3月の数字に計上できる)な2月とか、半期決算で言えば9月なので半期決算月納車であれば8月。また、四半期決算と考えれば、5月や11月もターゲットです。プリウスαは量産体制が整っており納車に1ヶ月が可能な為にこのような時期ですが、ハリアーやアルファードなど納期が4〜5ヵ月もかかるような車種の場合は、逆に営業マンにうまくヒアリングするのも良いと思います。

 

   更に絞ると、第三日曜日の18時頃の商談が値引き引き出しには、ベストのようです。月内契約の最後の商談となれば、営業も更に本気で取り組んできます。私の場合ですが、見積もりでプリウスアルファ値引き額50,000円。帰り際に、「10万の大台は頑張れるかも知れません」的な言葉を貰う⇒1度目の営業電話でホンダの値引きに魅力を感じている雰囲気を出し、もう少し値引きを頑張れる手応えを得る⇒2度目の営業電話で、妻の意見を取り入れて養育費やらのネタで値段き次第でプリウスアルファの購入意欲が高い事を全面に出し、120,000〜130,000円の感触を掴む&訪問アポイントを取る⇒最終で思っているプリウスα値引き金額の2倍で話し、それだったら今日契約する旨伝えると、1.5倍額で17万円の値引きを掴む。そして買取額の22万円を加えると、14年落ちのボロ愛車売却でも約40万円の購入額を抑えれました。

 

   もっと巧みな方が交渉するともっとイケたのかもしれません。また、車検までの時間がもっとあれば更に焦らせてもっと交渉出来たのかな?とは思いましたが、マイナーチェンジ後の経過日数を考えると、自分なりには合格ラインであったのではないかと思ってます。ちなみにカロチェリアのナビ等は嬉しかったです。思えばキリがないし、そもそも最初から大本命の車であったので良しとしてます。

 

トヨタ プリウスα 値引き

プリウスαの値引きをしてもらったトヨタ店舗

   レポートの中には記してませんが、プリウスαの値引きはトヨタ販売店同士の競合も頭に入れられることをお勧め致します。

 

   プリウスαはトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、トヨタカローラ店など、全ての店舗で取り扱っております。また、同じ看板を掲げていても県毎にレベルで運営会社は別会社であることが多いです。同じ県でも何社あるの?ってくらいの多さです。

 

   そう考えますとプリウスαの値引き額も各社で変わってくるのも当然です。場所は違っても同じ運営会社の値引きを狙っても意味がありませんので、訪問するお店のHPの会社概要をご覧になられることをお勧め致します。

 

   私は、この違う運営会社で何社もプリウスαの値引きを依頼する行為は面倒な事もあり、あまり好きではありませんが、やはり高い買い物であるので行ったのは事実です。

 

   まず自宅近辺のトヨペットをメインとし、職場の近くのトヨタカローラ店にも訪問しプリウスαの値引き交渉をしましたが、そもそも自宅近くで買いたい願望がありますので、あきらかにプリウスαの値引き額に差があれば、それをネタに自宅近辺のディーラーに値引きを更につけこむ想定でしたが、自宅近辺の方が値引きが緩かったのが事実で、担当者も自宅近辺の担当者の方が良かったので、プリウスαの値引きは自宅近辺1軒に絞りました。

 

   もしかしたらもう少し有利な店舗もあったかもしれません。友人には最低でも3軒は廻った方が・・・と言われました。やはり、車は大きな買い物であり、体裁や面倒さなど一時の事であり、プリウスアルファの値引きを最大限に引き出すための行動に後悔しないよう、精一杯出来ることは全て行なわれたほうが宜しいかと思います。

 

プリウスα 値引き 2015

値引きしてもらったプリウスαの運転席

   モデルチェンジ後の2015年のプリウスαの値引きはどう変化するか?ですが、私の勝手な意見ではありますが、値崩れは期待できないと予測します。

 

   というのもトヨタの究極のエコカー次世代燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の課題が山積みであるという件。この件は、専門家によると採算がとれないレベルであると指摘されてます。素人の我々からしてみると、723万円もの値を付けて採算が取れない!?と不思議ですが、簡単に言うとインフラの問題であり、たくさんの水素を作り出すのには大変時間を要し、とても商用ベースで確立できる段階には至っていないようです。

 

   そう考えますと2015年もハイブリッド車が当面トヨタの柱として存在感は失せないであろうかと思われます。そんな今、プリウスαを購入した事を間違っていないと納得させている自分もいますが・・・。

 

   プリウスα 値引き 2015の項目の最後として、これから検討されてらっしゃる方、値引き値引きと色々記してきましたが、なにはともあれまずは値引きを有利に進める為に中古車一括査定だけは済ませられることをお勧め致します。プリウスαの値引きの話以前に、車を買い替える際にこれだけは必須であると確信します。

 

   マイナーチェンジ後のプリウスαはトヨタにしてみれば月に大量の台数が売れる車種です。しかし我々購入側にとってみれば家を購入する次に大きな買い物であり、少しでも支払額は抑えたいものです。実際に、全国のプリウスαの購入者において値引き後の総支払額に大きな差が生じている(無知な者は損をする)わけですから、それは決して穏やかな話ではないと思うのです。

 

   大きな買い物であるからこそしっかりと知識を得て、プリウスαを納得いく損をしない買い物にしたいものです。

 

貴方のプリウスα値引き交渉を有利にしてくれる  かんたん車査定ガイド

 


更新履歴