プリウスα 新型

プリウスα 新型

プリウスα,新型,評価

   マイナーチェンジ後も新型プリウスαは素晴らしい車かと思います。若い頃はGTR等に突っ走った時もあるが歳を重ねる毎にトヨタの車に魅了されていってしまった。ある意味スタンダードになっていくんでしょうかね!?若い方には純正では地味に感じるかもしれませんが、人気車種ですので専用パーツもたくさん出ていて充実しているのとカスタムも可能なのでイジって我が1台を造りだすのも宜しいかと。

 

変更点

   マイナーチェンジ後の変更点として大まかなに記すと、LEDヘッドライト、運転席が8ウェイパワーシートと名乗り、電動でポジショニングが快適、メーターの視認性が向上、アームレストの合成皮革巻き、ボディ色が4色追加。個人的にはダークシェリーマイカメタリックなんてお洒落だな〜なんて思います。

 

   フロントはシャープ(いかつい?と感じられる方もいらっしゃるようです)になりました。4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイも標準装着。あとはオプション等のミリ波レーダーによる自動ブレーキの作動が可能なプリクラッシュセーフティシステム(衝突回避の支援機能)やレーダークルーズコントロール。車線の逸脱を警報するレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどあげられるが、従来よりオプション額が少し価格設定が下がった感はありますが、そもそも車両本体価格が引き上げられている点を考えると素直に喜べませんが。

 

利便性&快適性

   新型はプリウスと比較するとおよそ20万円程度高くなる(値引きも頑張りたいところ)のと若干燃費が下がるというネガティブな面もあるが、そんな面を打ち消すどころか、絶対に買うなら新型のプリウスαでしょうと私なりに思うのが、スペースの広さ。特に後席と荷室の広がりが最大のポイントだと思います。ミニバン?と思わせるほどの充実した空間となっています。当然、運転席も頭上高も低くないので圧迫感なく心地良し

 

プリウスα,新型,評価
通常のPHVの後部

 

 

プリウスα,新型,評価
プリウスα 新型の後部
プリウスα,新型,評価
   ご覧ください。これがフラット時のの空間です。グッズ等揃えて車中泊なども充分満喫できるのではないでしょうか。このような広さを見せた事により、企業も積み荷可能なエコ社用車として新型プリウスαを採用されるケースも多くなっているようです。

 

走行

   問題の走行ですが、もともとプリウスαはプリウスと比較し、走行面は優れているという評価でしたが、新型は更に改善されています。パワー感はさほど記すほど感じられませんが、そもそもそこに観点をおく車種ではないのですが、パワーモードにおいてはカスバルインプレッサスポーツより鋭い加速を得れます。私にしてみればエコモードでも充分満足しておりますが、この新型のパワーモードは予想以上に凄いのと直進安定性がすこぶる良いです。

 

将来性

   宇宙でいちばん豊富といわれる、クリーンエネルギー、水素を利用した究極のエコカーとしてトヨタは、燃料電池自動車(FCV)をつくり出し、各メーカーもこぞって注力しておりますので、ハイブリッド車は今ではエコカーと呼べるのかという疑問もありますが、燃料電池自動車(FCV)は供給インフラ等を考えると実用性はまだ遠いかなと感じます。そういう意味ではこの車の活躍はまだまだ続くのではないでしょうか。

 

   口コミ評価を見ていると、3列目の居住空間と快適性についてもっと充実してもらいたかったという書き込みをよく目にしますが、私は、限られた空間内で工夫されているなと感心しております。

 

私なりの最終評価

   いずれにせよ、プリウスに物足りなければ新型αというキャッチフレーズをよく耳にしますが、まさにそのとうりだと私も思います。物足りなさを充分に払拭できますし、冒頭にも記しましたが、新型も人気車種所以パーツの充実度やカスタマイズ等で自分らしさも発揮できる素晴らしい車種かと思います。出た当初に見た際はさほど魅力を感じませんでしたが、新型を見た瞬間から私ははまってます。

 

検討されてらっしゃる方への注意点
・後方視界:よろしくない(悪い)のでリアカメラはつけられるべきだと思います。
・ウィンカー位置:トヨタさん、低すぎるのでは?そう感じるのは私だけではないはず。
・内装:プラスチック部分が意外とキズ付きやすい。荷物の積み下ろしなど注意。
・オートワイパー:ありません。
・エンジン音:予想していたより大きめに感じます。

 

プリウスα 値引き